FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
05.27

安吉白茶の母なる樹~安吉(2)~


急こう配での茶摘風景




茶旅の後半です。(前半はこちら
書く時間がなかったり、VPNがうまく繋がらなかったりで、ちょっと時間が空いてしまいました

安吉の茶館での昼食が終わったあとは母樹へ会いに行きました。安吉白茶種の母樹は茶館のある安吉市街地から山に40分ほどいったところにあります。
まずは車で近くまで行きました。

母樹への山道と、駐車場にあった安吉白茶種の紹介看板




駐車場からは整備された竹林の中の登山道を20分ほど登ります。
登山道の横の渓流には水が流れていて、そして空気がとても澄んでいます
階段が整備されているので厳しい山道ではないですが、暑くてすっかり汗だくに
そんな中、風がサーっと流れると、とても心地よく感じました

竹林と渓流、そして竹林の中の登山道




登ってくるまで登山道沿いには多くの茶畑がありました。
登山道そばの茶畑は安吉白茶種、山の茶畑下部のきれいに並んでる茶畑は安吉白茶種、上部の一株一株で離れて植えられているものは群体種です。新たに開墾した場所には安吉白茶種を植えているそうです。
群体種は有性生殖で遺伝子が個体ごとに異なります。そのため、茶摘時期の個体差が大きく茶摘効率が良くないです。一方、安吉白茶種は挿し木で増やす無性繁殖で、母樹のクローンです。そのため、茶摘時期の個体差が少なく茶摘効率が良いです。その上、アミノ酸が豊富で品質も良いとなれば、新たに植えるのは当然、安吉白茶種が多くなります。こうやって群体種が減っていくのだな~としみじみ思いました。

左:登山道そばの茶畑、右:反対側の山の茶畑




登山道を登り切ったら、ようやく念願の安吉白茶種の母樹に会えました!!
樹齢1000年の古樹です!!(と書いてあります)
茶旅当日は最高気温30度だったので『返緑』してしまってるかも!?と心配しましたが、白化した葉が茂っていました!! 先生も白化した葉がこんなに茂っているのを5回目にして初めて見たそうなので、とてもラッキーでした♪



安吉白茶種の母樹は思ってたよりも樹高が低く小さかったです。
嬉野で見た大茶樹よりも小さいです。樹齢1000年でも小さいものもあるんですね。

左:安吉白茶種の母樹(樹齢1000年)、右:嬉野の大茶樹(推定樹齢330年)




母樹を見たあとは、母樹そばの茶農家さんがやっている東屋?のようなところで、母樹そばの畑で摘葉した安吉白茶をいただきました。登り切ったあとにいただく安吉白茶は格別です




今回、登山道途中の茶農家さんと母樹そばの茶農家さんのご厚意でお茶作りを見学しました。突然のお願いだったのに、快く見学に応じてくださいました!! ありがたいです


摊放

安吉白茶は一芽一葉で茶摘みします。摘み取った茶葉は室内で数時間休ませます。その後、殺青で酵素を不活性化して発酵(酸化)を防ぎます。
その次は理条です。理条の工程では、理条機にて葉を左右に動かすことで形を真っ直ぐになるように整えてます。安吉白茶の形はこの工程で作られます。

理条機


次は烘干。炭を燃やして行います。

左:烘干中の茶葉、右:下の炭置き



左:烘干のかご。炭に近い真ん中は膨らんでいます。
右:箱型の烘干機。上部に数段分茶葉を置き、下部に炭を置きます。



母樹そばの茶農家さんの作業場の外観



母樹そばの茶農家さんの作業場内観




母樹の見学のあとは、安吉市街へと戻り、大きな安吉白茶の工場を見学しました。見学をさせていただいたのは、安吉龍王山白茶(安吉龍王山茶叶開発有限公司)です。


大きな会社です!!



今回、訪れたのは5月半ばでお茶摘シーズンが過ぎてしまっていたため、お茶作りは見学できませんでしたが工場と機械を見学することができました。


摊放を行う場所、殺青機



理条機、理条機の下には電熱ヒーター??のような部分があり、
理条と同時に熱を加えることもできるそうです。



干燥機:ベルトコンベアーのように運ばれて内部を移動しながら、茎などを取り除きながら乾燥します。



筛分:サイズで等級分けを行います。
上部より茶葉を入れ、下部の出口よりサイズ別に出てきます。




今年は清明節ごろに霜が降り、茶摘みに適した芽たちは"凍死":dong4si3してしまったそうです。
(茶色く変色した写真を見せていただきました)
霜害で、安吉白茶の生産は減産してしまったそうです。今年の清明節以前の安吉白茶は貴重な存在です。今回、母樹そばの茶農家さんと工場見学した安吉龍王山白茶にて、貴重な茶葉を買うことができました。味わっていただきたいと思います

茶園や果樹園の霜害は耳にすることがあります。しかし、日本ではよく見る防霜ファンを私は中国で見たことがありません。茶園が広大過ぎることや茶園自体が整備されていないことが原因なんでしょうか。。。!?



全ての工程を終えて上海に戻って来たのはすっかり夜
帰りは、トイレ休憩なしで上海まで車は突っ走りました!!

以上で、充実した日帰り茶旅を終えました。
今回、貴重な機会を与えてくださった心也清の先生、そして一緒に参加された皆さまに感謝いたします。ありがとうございましたm(__)m

fc2blog_20130525105944c2d.jpg




訪問、ありがとうございます。ランキングに参加しています。
旨みたっぷりの安吉白茶が飲みたくなったな~と思われたら、ぜひワンクリックお願いいたします
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
05.20

安吉白茶の里、安吉の素敵な茶館~安吉(1)~

先々週の日曜日に、通っているお茶教室心也清の主催にて、安吉白茶の里、浙江省湖州市安吉県へ茶旅に行ってきました

安吉白茶の母樹


安吉は、上海から230キロほど離れた街で、車で2時間半~3時間です。径山茶の産地である杭州市余杭区が南側に接しています。天目山麓の北側に位置し、竹が多く繁殖し霧が多く雨量も豊富で土壌も肥沃で、まさにお茶栽培に適した土地と言えます。

安吉白茶は、同じ名前の安吉白茶と言う品種で作られています。安吉白茶種は、1982年に安吉の天荒坪鎮大渓村800メートルの高地で発見されました。在来種の群体種より突然変異した、気温により白化するという温度敏感性を持つ品種です。約22度前後で芽と若葉が白化し、約30度になると緑へと戻ります。この緑へ戻る現象を『返緑』といます。白化する品種は安吉白茶以外にもあります。成熟度によって変化する白化品種では返緑しません。返緑は安吉白茶の特徴です。

安吉白茶種はアミノ酸が群体種の葉より多く、含有率は5~10%。カフェインが少なくアミノ酸が多いため、旨味が強くまろやかなお茶です。安吉白茶種で作られたものを安吉白茶と呼び、群生種で作られた茶は安吉白片と呼ばれ、区別されます。(最近は安吉白茶の葉を混ぜて作る場合もあるらしいです) 安吉白茶種は品種として優秀なので、最近は安吉白茶種で作った龍井茶「白龍井」と言う商品もあるそうです。



茶旅のはじまりです~
旅では、安吉へ向かう途中で車のギアが壊れてしまい、代車が来るまで上海から1時間ほどのサービスエリアで待ちぼうけしてしまうトラブルはあったものの、それ以外はとても順調でした~!!
山にも行ったことを考えると上海に近いところで壊れて幸いでした。


安吉への到着が車のトラブルにより遅くなったため、まず食事。

食事をしたのは第一滴水茶芸館
食事は地元特産のタケノコや旬の食材を調理したもので、味も食べやすくすごく美味しい
一緒にいただくお茶はもちろん安吉白茶。


今回、訪れた第一滴水茶芸館は、本当にとても素敵な茶館でした
写真にてご紹介したいと思います。

入口

fc2blog_2013052002453957c.jpg
入口すぐの設え。

fc2blog_20130520024610819.jpg
入口近くには水が流れ、橋がかかってます。

fc2blog_20130520024635969.jpg
私たちが通されたお部屋の茶席。

fc2blog_20130520024728024.jpg
そのお部屋には、茶筅が置かれ、日本の茶道風の設えがありました。
私たちをもてなすためです。その心遣いに嬉しくなります

fc2blog_20130520024856fec.jpg
ある部屋の設え。

fc2blog_201305200249232c3.jpg
とても広い部屋もありました。

fc2blog_20130520024948394.jpg
光が漏れる廊下。

fc2blog_201305200250215ca.jpg
心地よい中庭。

fc2blog_20130520025101ede.jpg
テーブルコーディネート。青磁の器が綺麗です。

fc2blog_201305200251428f4.jpg
盆栽。

fc2blog_20130520025213708.jpg
素敵な器です。


中国の田舎に行くとどうしても食事が気になります。(私は割と何でも食べれる方ですが)
今回は綺麗な茶館で地元の食材を地元のお茶とともに味わうことができて本当に幸せなひと時でした~

食事のあとは母樹に会いに行きました。


*一部、修正しました♪



訪問、ありがとうございます。ランキングに参加しています。
安吉白茶が飲みたくなったな~と思われたら、ぜひワンクリックお願いいたします
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ

Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。