--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
07.15

上海の茶館、得和茶館

Category: 茶館
先週木曜日の午後に茶館に行ってきました。午前中は中国語の夏期講習、夜にも予定があり、午後の時間がぽっかり空いてしまったため、一人でふらふらと上海2度目の茶館体験しました。→第1回目はこちら

今回訪れたのは、得和茶館(建国西路店)。
いつも拝読している中国茶ブログにて記事を見かけ、いつか行こうとチェックしていた茶館です♪

地下鉄9号線の嘉善路から800m弱、15分ほど歩きます。
左の写真の建物右側に、右の写真の入り口があります。

入り口を入ると、立派な門構えが出てきます。

店内は大型個室あり、小型半個室あり、テーブル席あり。
大型個室はいろいろ大きさがあるようで、会議をしている方々もいました。個室で商談風景も見かけました。商用利用も多いようです。

茶館利用についてはメニュに詳しく書いてありました。
営業は朝9時~16時半と17時半~夜中1時の2部制。最低消費は98元、紙ナプキンは別途2元必要です。

茶菓子はもちろん、食べ放題。果物、ナッツやスナック以外に、おかゆ、焼きそば、餃子、鳥肉の辛味揚げ、スープなど。お腹いっぱいになれます


私は最低消費の98元だけ払って、自分で鉄観音を持ち込みました♪
茶葉持参の場合、使う茶器を何にするか聞かれます。

今回は紫砂壺セットにしました。鉄観音を持参したことを伝えたんですが、鉄観音用の茶壺があるわけではないようです。肉桂も持参してたので、茶葉を変えたくなったらどうしたらいい?って聞くと、机の上の水盂に茶葉を捨てればいいと言われ、茶壺は変えてもらえない感じでしたので。
あと、紫砂は茶壺も公道杯も茶杯も、少し臭いが気になりました 磁器のものをお願いすれば良かった~とちょっと後悔。次回は磁器にします♪
ポットは最初、写真に写っている魔法瓶でしたが、長居してたので途中で電気ポットに変えてくれました

トイレもきれいだし、茶菓子も食事も豊富、静かだったし、もちろん、フリーwifi。ネットするにも読書するにも勉強するにも、単にボケーとするにも良い場所だったので、また行きたいな~と思いました
(食事は普通です。過度な期待をしなければ、問題なしです)




大众点评 (中国版食べログ)や百度地图(バイドゥ地図)をながめてると、色々と茶館が出てくるので、また違うところも開拓してみたいと思います♪
でも、茶館のお茶代が高いから、次回もきっと茶葉持参です。安吉白茶とか一人188元って高すぎる~

得和茶館(建国西路店)
住所: 廬湾区(卢湾区)建国西路135号卢湾体育館2楼(陕西南路と瑞金二路の間)
電話: 02154681117
評価: http://www.dianping.com/shop/566127
地下鉄9号線の嘉善路駅から800m弱、15分ほど歩きます。
このお店はフリーwifiです。中国でよくある短信(ショートメッセージ)でパスワードを受け取る形式ではないため、中国で短信を受け取れない方も気軽にwifiを楽しめます

訪問、ありがとうございます。ランキングに参加しています。
茶館に行ってみたいな~と思われたら、ワンクリックで日本の中国茶情報もゲット
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
07.09

上海の茶館、唐韻茶坊(唐韵茶坊)

Category: 茶館

月曜日はもともと評茶の授業がある日でしたが、急遽お休みになってしまいました。
なので、茶友と2人で茶館へ行ってきました

上海で初の茶館です!!
ずっと行ってみたいな~と思ってたんですが、出不精で、そのうちに、、、となってました。
急にお休みになったので「いつ行くか!?今でしょ!!」という流行りの言葉が身体の中から出てきて(?)、それに推され、ようやく行ってきました。

行ったのは冒頭の本に掲載されていた唐韻茶坊(唐韵茶坊)。
いつも拝読している中国茶ブログでもこの茶館の記事を見つけて、チェックしていた茶館です。実は地球の歩き方やるるぶにも掲載されている有名な茶館でした。

唐韻茶坊は、地下鉄1号線の衡山路駅4号出入口を出てすぐ。とても分かりやすい場所にあります。
(写真左の奥に見えるのは地下鉄出入口)
 
R1038878.jpg

中はとても広くて、ソファー席、椅子とテーブルの座席、中2階、2階、個室、とあるようです。

お茶をお願いすると、茶葉と茶器セットが出てきます。
私たちは、鉄観音と黄金桂を頼みました(いずれも58元。同じ鉄観音でも上のランクも有りました)。
R1038885.jpg

初回は茶芸師の女性が茶を淹れてくれました。それ以降は自分で淹れます。お湯はもちろん淹れ放題。

茶菓子も取り放題。近くにある皿で好きなだけ取ってきます。茶菓子は果物、ナッツ(アーモンドやヒマワリ、スイカなど)、ドライフルーツなど。中国っぽい茶菓子が中心です。
R1038900.jpg R1038897.jpg

食事もあります。まずは食事から、ということもできます。
私たちは、奥:四川タンタンメン(四川担担面)22元、真ん中:鶏肉とナッツの甘辛炒め(宫爆鸡丁)26元、手前:トマト卵麺(番茄鸡蛋面)20元を頼みました。麺はにゅうめんのような麺。トマト卵味はあっさり味。四川タンタンメンは辛みが少なく、上海人向け?と言った感じです。
極上の味を求める場合は違うレストランで食べた方が良いですが、値段も安いし食べやすいので、お茶を飲む前にちょっと食べたいときにはイイです
R1038892.jpg

食事メニューは撮影したので一部掲載します(拡大できます)
 
 


茶葉の種類はとても豊富ですが、特級などの良い茶葉をいただこうとすると値段が高く感じるかもしれません。そんな場合は、自分で茶葉を持ち込んでもOKです!!お湯代の58元を払えば、希望の茶器を貸してもらえ茶菓子も食べ放題になります



上海の初茶館、とても楽しかったのでまた行きたいと思います~♪

唐韻茶坊(唐韵茶坊)
徐汇区衡山路199号(高安路と乌鲁木齐路の間)、地下鉄1号線の衡山路駅4号出入口を出てすぐ。
021-34060126
http://www.tunrun.com/http://www.dianping.com/shop/501948

追記:フリーでWi-Fiは使えますが、携帯番号を入力して短信(ショートメッセージ)にてパスワードを受け取る必要があります。

訪問、ありがとうございます。ランキングに参加しています。
どこかの茶館に行ってみたいと思われたら、ワンクリックで情報ゲットです
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ

Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。