--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
08.29

はじめてのお茶会開催。テーマは中秋

Category: 茶会

明日は茶友と友人親子を我が家にお呼びして、初めてのちゃんとした(?)お茶会。

単なるお茶を飲むだけのつもりだったけど、せっかく友達を招待してお茶を飲むならと思い、恐る恐る(笑)
「ちゃんとした(?)お茶会みたいなのにしていいかな?」
と言って、茶会をさせてもらうことにしました。

テーマは中秋節が近いので「中秋」。
お茶菓子はもちろん月餅で、先日食べて美味しかった源吉兆庵の月餅をチョイス。
家にいた2匹のうさぎさんには、黄色いタオルを巻いて作った(笑)月に乗ってもらいました。

どうしても洋風感が抜けないリビングは、時計と陸家嘴の写真を外して中国っぽい絵を飾りました。

明日の朝、近所の川そばからススキをとってきます。
身の回りにあるものを合わせただけの設えだけど、友達と楽しくお茶が飲めたらいいな♪♪

訪問、ありがとうございます。ランキングに参加しています。
応援代わりにクリックしただけると喜びます
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ

関連記事
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
08.27

西双版納の女性と古樹月光白

Category: 白茶
古樹月光白

今日は、午後に天山茶城へ行ってきました。(⇒過去の天山茶城の記事はこちら

目的は、茶盤や茶船の上に茶壷を載せるときに茶壷の下に敷くものを買うため。
お気に入りのお皿を茶船の替わりに使った際にお皿が傷つくのが嫌だったので、以前から買いたいと思ってた物でした。コルクの安~い敷物1枚5元を2枚買い、目的はすぐに終了!!

それで終わるはずもなく、、、

目的もなく、ぐるぐると回ってて、ちょっと気になったお店へ入ってみました。
それは雲南のお茶、雑貨を中心に扱うお店でした。

出迎えてくれた方は、西双版納出身の女性。
大理出身の姐姐(本当の姉妹ではないけど、同じ雲南のお姉ちゃん)のお店を手伝ってるそうで、外見はちょっとイケイケ(死語)っぽいのに人当たりがすごく良い方。

そのお店で飲ませていただいたのが「古樹月光白」。
雲南の白茶で、プーアル茶と同じ原料で作られているそうです。

夜に萎凋してるから、月光白を名付けたそうで、
 産毛がある白い茶葉は「月光」で、
 産毛がない暗い茶葉は「夜の暗闇」とも言えるから、
 ぴったりの名前でしょ
だって。
その味はすごく繊細で「月光白」という名前が本当にぴったりでした♪



このお店には、外から見えた餅茶用籠を買おうと思って入ったのですが、ちょっと値段が高かったので今回は購入を見送りました。にもかかわらず、、、
「もう量が少なくてサンプル分しか残ってないから~♪」
と金芽滇紅と野生滇紅を分けていただいちゃいました!!

なんかすっかりなごんでしまい、気付くと周りのお店はほぼ終了。
帰りにはエレベーターもエスカレータも止まり、階段には鍵がかかってしまって出るまでにかなり右往左往しましたが、良い時間だった!!




訪問、ありがとうございます。ランキングに参加しています。
応援代わりにクリックしただけると嬉しいです
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ

関連記事
Comment:0  Trackback:0
2013
08.24

宗家 源吉兆庵の月餅と岩茶

Category: 烏龍茶(青茶)

少しずつ秋めいてきた上海。もうすぐ、中秋節を迎えます。
中国には、中秋節に月餅を食べる、そして親しき人に月餅を贈る習慣があります。

国内菓子メーカーはもちろん、ホテル、レストラン、そしてスターバックスもハーゲンダッツも月餅を売ります。ハーゲンダッツの月餅は月餅型をしたアイス。月餅なのにアイス~!?と初めは思ったのですが、ハーゲンダッツだから美味しいし、変なメーカーさんのをもらうよりも断然いいです♪

そんな最中、先日花園飯店にある源吉兆庵に行ってきました。
花園飯店にある源吉兆庵

目的は和菓子を買うことだったのですが、源吉兆庵にも月餅が売っていました。
甘~い月餅は苦手なのですが、聞くとこれは日本っぽい味わいで、しかも中国国内限定発売だそう!! 思わず自分用に1個買いました。
源吉兆庵の月餅

今日は買った月餅に合わせ、先日開壺した太っ腹茶壺にて岩茶を淹れました。
中には栗が入ってて、甘さが少し控えめで、美味しいです
たまに脂っこい月餅もありますが、この月餅はさっぱりです。
岩茶の香ばしさが月餅の控えめの甘さにぴったりでした♪
栗入り月餅



宗家 源吉兆庵
住所:上海市茂名南路58号花園飯店(オークラガーデンホテル)1階
電話:021-3360-2715

訪問、ありがとうございます。ランキングに参加しています。
月餅の話題を聞くと、秋の到来を感じますね
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ

関連記事
Comment:0  Trackback:0
2013
08.22

一昨日は青茶で昨日は緑茶・紅茶。今日は黒茶。

Category: 茶勉強

昨日に引き続き、今日はとある中国茶教室の移転開店記念イベントにて行っているテイスティング講座に参加しました。普段通っているところではないのですが、一度にいろいろなお茶を味わう機会はそう多くないので、とても貴重な機会です

今回いただいたのは、生プーアル茶、熟プーアル茶、安化茯茶の各種。
ざっくり書くと、

生プーアル茶は、雲南省普洱市で生産される雲南大葉種の茶葉を太陽に晒して乾燥させたお茶です。こちらは緑茶に分類されます。(晒青緑茶と言われます)

熟プーアル茶は、一般的によく想像するプーアル茶。同じく雲南省普洱市で生産されるお茶で、晒青緑茶をカビにより発酵させたもの。後発酵茶に分類されます。なので、ものによってはカビ臭いものもあります。

茯茶は、湖南省安化で生産されます。辺茶とも言われ、中国からみて辺境エリアへ出荷されたお茶です。これもカビにより発酵させたお茶で、後発酵茶に分類されます。

こんなに多くの種類の黒茶を一度に飲んだのは今回がはじめてでした♪


生プーアル茶は苦手なのですが、今回飲んだ中で珍しく気に入ったものがあったので、1つ買いました。
景迈谷花2009年のもの。100gの小さい餅茶です。
香りはスパイシーに感じたのに、飲むと花の香りと甘みを感じました





プーアル茶は生産地(県や村)だけではなく、茶樹のある山ごとに区別されます。
そして、山ごとに味わいが全く異なりました。
プーアル茶は深みにハマると引き返せない雰囲気があります
美味しい熟プーアル茶を飲むと、普通のが飲めなくなりそう。。。

訪問、ありがとうございます。ランキングに参加しています。
応援代わりにポチッとしていただけると、小躍りしながら喜びます
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ

関連記事
Comment:0  Trackback:0
2013
08.21

昨日は青茶。今日は緑茶・紅茶で明日は黒茶。

Category: 茶勉強

昨日から明日まで、とある中国茶教室の移転開店記念イベントにて行っているテイスティング講座に参加しています。普段通っているところではないのですが、一度に何等級ものお茶を味わう機会はそう多くないので、とても貴重な機会です


今日は、等級の高さと自分が好きかどうかは比例しないと言うことを実感しました。

宜興が産地の陽羨紅茶を味わった際は、特級やその上と紹介されたものを味わうと何かが足りないように思い、逆に3級くらいの方が美味しいと思いました。
世界三大紅茶であるキーマン紅茶の場合は、高級なものではキーマン特有のトロっとしたダシっぽい感じ?を強く感じます。その味があまり得意ではないので、一つ下の等級の方が美味しく感じます。

茶葉ごとの好みももちろんですが、等級ごとでも好みが大きく分かれるんだな、と実感した日でした。
なんだかんだ言っても結局は自分の舌を信じなければなりませんね。



舌を信じて買ったはずのものでも、帰って来てから失敗した~って言うのもありますが
日々、精進!!

それにしても、台湾式テイスティング法?には慣れません

訪問、ありがとうございます。ランキングに参加しています。
そうだよね~と思っていただけたら、ポチッとしていただけると、お茶をガブ飲みで喜びます
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ

関連記事
Comment:0  Trackback:0
2013
08.20

喉が痛い今朝は、陳年白牡丹

Category: 白茶
陳年白牡丹

今朝のお茶は陳年白牡丹。

ここ一週間ほど、ひところの暑さは忘れてしまったかのように、普通の夏に戻った上海。今日の最高予想気温は34度。秋の到来を感じます。

昨日は評茶クラスで紅茶でした。
今回は座学はなく、テイスティングだけで、4セット(2~4種の茶を評茶するのを4回)。
テイスティングは立ちっぱなしだし、集中力も必要なので、本当にいろいろと相当疲れました。

そして、今朝は起きたら、喉が痛い。。。
「白茶は年数が経つと薬になります。ちょっと調子が悪いなと思ったら陳年白茶を飲みます」
と先生が以前言っていたので、今朝は陳年白牡丹を淹れました。

若い白牡丹や白毫銀針は出来たての薄い豆乳みたいだなと思ってるのですが、陳年白牡丹はその風味が消えてしまいます。
不思議だな~


風邪になりませんように(ー人ー)

訪問、ありがとうございます。ランキングに参加しています。
応援代わりにポチッとしていただけると、寝込まず頑張れます
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ

関連記事
Comment:0  Trackback:0
2013
08.16

先生をご招待して、お茶会♪

Category: 茶会
茶会のあと

今日は、大学の先生お二人を招いてお茶会をしました。
とはいえ、どこまで張り切って良いのか、加減がよくわからなかったので、茶会と言っても普通にお茶を淹れただけですが
(いろいろな茶杯を使うだけで、洗い物が増えるわ!!と恐縮されてたんで、それで良かった(笑))

最近、少し過ごしやすくなった上海ですが、やっぱり外は暑い。
まずは、水出しした白牡丹の冷茶を飲んでいただきました。
白牡丹の茶殻


次は、お茶請けのどら焼きとともに日本茶の玉露。(急須を持ってなくて、盖碗にて)
低い温度で抽出して、アミノ酸の旨みと渋味を味わっていただきました。
お一人は初めての蒸青茶らしくって、茶葉も緑色、茶湯も緑色、茶殻も緑色なことに驚かれて、
そして、蒸青だと聞いて「え!?炒めてないの!?」って驚かれてました。
玉露の茶殻


最後は、韻香鉄観音、東方美人、うれしの紅茶を用意していて、その中から東方美人を選ばれました。
(理由は茶缶が素敵だったから(笑))
この茶葉がとても耐泡(何煎も淹れられる)なので、この茶葉が最後となりました。
東方美人の茶殻



この先生方は、大学で初めて私を受け持ってくださったお二人。
お二人はお茶、中医、中国文化に詳しくて、話しててとても楽しい♪



大学に行き始めたころ、私は全く中国語は話せませんでした。
(今思うと、基礎的な部分くらいは勉強して行けば良かったんでしょうけど、、、)
先生は英語は話せるけど、日本語は話せません。私は英語が話せません。

ピンインを書いてください。
漢字を書いてください。
もう一度言ってください。
例を言ってください。

この4文だけは覚えて、自己主張の強い欧米人に負けず、的外れでもKYでも声だけはあげてました。
授業中はとにかく辞書が手放せない。
辞書を片手に、英語を話せる日本人クラスメートに助けられながら、ときには筆談も用いながら、授業にしがみついていってました。

先生方と話してると、そのときのことを思い出します。
先生方と雑談できる日が来るなんて、想像してなかったな~。

お土産

先生方がお土産を持ってきてくださいました。
私がお茶が好きなのを知ってるので、申し合わせたかのように2人ともお茶です

一つは、特炒毛尖。
夏休みに西安に帰られたとのことで、ご当地茶をいただきました。
このお茶、日本の図鑑、中国の図鑑、ともに載ってなかったです。飲むのが楽しみ~♪

もう一つは、崑崙(こんろん)雪菊。
菊花なので、血圧を下げる作用と身体を冷やす作用があります。その上、この菊花はとても安眠に良いらしく、以前寝つきが悪いと私が言ったのを覚えていてくださったのかと思って、すごく嬉しくなりました♪
早速、今夜いただきます。

訪問、ありがとうございます。ランキングに参加しています。
先生方と良い時間が過ごせて良かったね、と思っていただけたら、ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ

関連記事
Comment:0  Trackback:0
2013
08.15

うれしの紅茶とミュゼドアッシュの白山はちみつドーナツ

Category: 紅茶


上海乗り継ぎで、久しぶりに再会した家族がミュゼドアッシュのドーナツを持って来てくれました

ミュゼドアッシュは有名パティシエ辻口さんのお店。彼の地元である石川県にあります。
ミュゼドアッシュには石川県産の食材を使ったお菓子がいっぱいです。

6種類入ってたドーナツのうち、今日は白山はちみつを選びました。
合わせるのはやっぱり日本のお茶をと思い、和紅茶のうれしの紅茶を合わせました。

和紅茶はうれしの紅茶しか飲んだことがないので比較ができないのですが、うれしの紅茶は焦がし砂糖のような香りがして、香ばし美味しいです
大山はちみつドーナツの甘さを引き立てます

昨日にますの寿しに引き続き、日本のお菓子が食べられるなんて幸せです




パティシエ辻口さんのホームページを見たら、辻口茶園という事業をされていました。
ベトナムの高地にて、やぶきたを栽培しているそうで、ベトナムから日本に茶葉を輸入しています。
中国江南のどこで日系企業がペットボトル緑茶用の茶葉を栽培していると言う話も聞きます。
(栽培してる場所はど忘れ)

日本茶も、どんどん海外で栽培されるんですね~。

訪問、ありがとうございます。ランキングに参加しています。
応援代わりにポチッといただけると、お茶を浴びるくらい喜びます
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ

関連記事
Comment:0  Trackback:0
2013
08.14

玉露とますの寿し

Category: 緑茶・日本茶
Comment:0  Trackback:0
2013
08.12

久しぶりの再会

Category: 烏龍茶(青茶)
浦東空港で飲んだ安渓鉄観音、西湖龍井

今日は欧州に赴任している親戚に会いに行く母姉甥姪と、トランジットの合間に浦東空港で再会しました。

本当は9時間ほどある予定だったので、家で
お風呂に入って~
晩ご飯を食べて~
とノンビリしてもらう予定でしたが、日本発便が遅延。。。仕方なく、空港内で過ごしました。

お茶は、夕食後のカフェで飲んだもの。私は安渓鉄観音、母は西湖龍井を選びました。
(私は期待値が低いので(苦笑)、一番安いものにしました)

安渓鉄観音はこれまで経験にないくらい青く、そして西湖龍井は渋い
でも、味は正直どうでも良かったのです。

ほんの数時間でしたが、私は久々に家族に再会でき、楽しいひとときを過ごせました
飛行機に乗り慣れてなく緊張の面持ちだった家族はリラックスできたみたいです
遅延のせいで色々バタバタしたけど、空港まで行って良かった



空港内のこのカフェは、中国茶あり、コーヒーあり、英式紅茶あり、ケーキあり、パフェあり、トーストあり、ラーメンあり、餃子あり、の何でもありなファミレス風カフェでした。空港内のカフェだからかもしれませんが、そんなファミレス風カフェでも中国茶が10種類以上あったんです

日本のカフェ・喫茶店では、あんまり日本茶を見る機会は多くないです。煎茶、玉露、ほうじ茶、和紅茶くらいあれば、日本を感じられてすごく良いのにな~と思います。

訪問、ありがとうございます。ランキングに参加しています。
ポチッと応援いただけたら、お茶をがぶ飲みで喜びます
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ

関連記事
Comment:0  Trackback:0
2013
08.11

清香安渓鉄観音

Category: 烏龍茶(青茶)

今夜のお茶は、清香安渓鉄観音。
特徴は焙煎が軽めで、花香があること。

焙煎が軽く、伝統的な製法ではないと言われることもあります。
濃香の方が好き、焙煎が軽いのは青臭くてちょっと、、、と言う声を聞くこともあるのですが、私は濃香よりもこちらの方が好きです
中国緑茶が好きだからかな。

昼間はがつがつ緑茶を飲んでます。
(今日は引きこもりだったので、径山茶、太平猴魁、安吉白茶などなど飲みました)
でも、夜になると少し発酵したものがほしくなりますね。



今日はVPNがいい感じにつながります♪
普段もこうだといいな( ´ ▽ ` )


訪問、ありがとうございます。ランキングに参加しています。
お茶が飲みたくなったな~と思われたら、ぜひワンクリックお願いいたします
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ

関連記事
Comment:0  Trackback:0
2013
08.11

白牡丹と滇紅

Category: 紅茶

今日のお茶はともに水出しで、白茶の白牡丹と紅茶の滇紅。
水750mlに4gの茶葉です。水には初めてイタリアのSan Benedetto(ガスなし)を使いました。
お水のせいか、何故かクリーミーな仕上がりです♪

ここ数日、VPNにうまく繋がらずブログがアップできてませんm(__)m
ブログのお引越し、真剣に考えようかな、、、


訪問、ありがとうございます。ランキングに参加しています。
まだまだ冷茶の季節だね~と思われたら、ぜひワンクリックお願いいたします
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ

関連記事
Comment:0  Trackback:0
2013
08.07

黄茶の復習

Category: 茶勉強
手前から雨前の霍山黄芽と、先生に青涩だと言われた蒙頂黄芽


最近の上海は死ぬほど暑いです。。。
昨日、クリーニング屋さんのおばさんが19XX年以来の暑さなのよ!!と教えてくれました。
(XX年は聞きとれてない
そして今日、NHKを見てたら上海の暑さがなんと日本のニュースになってました!!
日本でニュースが流れるなんて、そりゃ暑いはずです。

そんな暑い中でも、毎日何かしらのお茶ネタは発生しています。でもブログは更新頻度が低下中。。。
途中まで書くのですが、暑くても割と高頻度で外出しているせいか、夏休みを満喫する子どものように夜ひどい眠気に襲われ書くのを断念してしまいます
今日、見たコラムでピアプレッシャーを感じると継続できると書いてありました。私も頑張ろう~!!



さて、今日は、我が家で先日の黄茶白茶の授業をお休みしていた茶友と黄茶の復習
(前回は白茶の復習でした)

前回と同じく、授業のプリントを使って、そのとき聞いた内容をお話してから、実技へ。
白茶に比べて黄茶は工程が複雑だし、馴染みも少なくて難しいです
ただ、今日は茶友のおかげで「甜熟」の味が分かった気がします。
これで、青涩な黄茶を買うこともなくなるかもしれません。
ありがとう~!!

訪問、ありがとうございます。ランキングに参加しています。
黄茶の特徴は黄湯黄葉(黄色い茶水、黄色い茶葉)。飲んですぐに甘いです。(回甘ではありません)
これで中国で出来の悪い物を買わなくても済むわって思っていただけたら、ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ

関連記事
Comment:0  Trackback:0
2013
08.04

白茶の復習

Category: 茶勉強
奥から今年の白毫銀針、去年の白毫銀針、今年の白牡丹、2006年の白牡丹

今日は、我が家で先日の黄茶白茶の授業をお休みしていた茶友と白茶の復習♪
授業のプリントを使って、そのとき聞いて内容をお話してから、実技へ。
この茶友は私よりも中国語ができるお方なので、解釈がめっちゃ早い!! その上、舌も確か~♪
先々週くらいの授業の筈なのに、だいぶ忘れてた。。。私も勉強しないと!!


左上から去年の白毫銀針、今年の白毫銀針、2006年の白牡丹、今年の白牡丹


評茶の際に、揺盤などに使うあの盤子(名前ど忘れ)がほしいな。。。
まず、道具から揃えたくなる


訪問、ありがとうございます。ランキングに参加しています。
ぽちっとクリックで応援いただけると、お茶をごくごく飲みながら喜びます
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ

関連記事
Comment:0  Trackback:0
2013
08.01

道が川になってました

Category: 花茶・茶外茶
今日のお茶は茉莉花茶(ジャスミン茶)の冷茶

今日は夏期講習のあとに、友達に古北のお店を案内してもらいました。古北は上海最大の日本人街。日本語だけでも暮らしていけるほどのこのエリアは日本人向けのお店がいっぱいです お店散策を楽しんでいたのですが、その途中でゲリラ豪雨に襲われてしまいました!!
なので近くのカフェに逃げ込みました。

飲んだのは、冷たい茉莉花茶
普段、茉莉花茶をあまり飲まないんで、私としては珍しいチョイスです。

グラスに茶葉を入れ直接お湯を注いで抽出し、そのグラスに氷を足して冷やした感じの冷茶でした。(違ったりして)
ちょっと味も香りも薄くて、ちょっと残念。

先日、古北のお茶教室を訪ねた際も茉莉花茶の冷茶を出してくださいましたが、その冷茶は蓋碗で淹れたものを氷の入った器に注いで冷やしたもの。
氷を使って冷やす場合は、急速に冷やす方が美味しいみたいですね

でも、カフェでもティーバッグが多い中、ちゃんとリーフで淹れてくれるのは嬉しいです


お茶をいただきつつ、おしゃべりを楽しんでいたのですが、雨が一行に収まらない
さらにひどくなって、雷、雨、風、全てが尋常ではないです
そのうち、カフェの窓や天井から水漏れが発生してました。

外を見ると、そこは川。

雨が止み店を出ると、目の前にも川。。。

道を渡らないと帰れません。途方に暮れていると、向こう側でビニル袋を履き、川を渡ってくる女性がいました。連れの男性が「そのビニル袋、誰かにあげたら?」と言っていたので、素直に「私にください」と言ってビニル袋を譲ってもらました
親切なカップルと自分の図々しさにより、無事に川を渡り帰宅することができました



帰りに元の大学の先生に偶然会ったんですが、全然この雨に動じてないんですよね~。
私は川をそのまま渡ったから靴はびしょ濡れよ、あはは。ってやっぱり地元人にはあの川は普通なのね。。。


訪問、ありがとうございます。ランキングに参加しています。
ゲリラ豪雨のときはお茶しよ♪思った方はポチッとほかの中国茶ブログもチェックしてみてください
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ

関連記事
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。