--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
08.07

黄茶の復習

Category: 茶勉強
手前から雨前の霍山黄芽と、先生に青涩だと言われた蒙頂黄芽


最近の上海は死ぬほど暑いです。。。
昨日、クリーニング屋さんのおばさんが19XX年以来の暑さなのよ!!と教えてくれました。
(XX年は聞きとれてない
そして今日、NHKを見てたら上海の暑さがなんと日本のニュースになってました!!
日本でニュースが流れるなんて、そりゃ暑いはずです。

そんな暑い中でも、毎日何かしらのお茶ネタは発生しています。でもブログは更新頻度が低下中。。。
途中まで書くのですが、暑くても割と高頻度で外出しているせいか、夏休みを満喫する子どものように夜ひどい眠気に襲われ書くのを断念してしまいます
今日、見たコラムでピアプレッシャーを感じると継続できると書いてありました。私も頑張ろう~!!



さて、今日は、我が家で先日の黄茶白茶の授業をお休みしていた茶友と黄茶の復習
(前回は白茶の復習でした)

前回と同じく、授業のプリントを使って、そのとき聞いた内容をお話してから、実技へ。
白茶に比べて黄茶は工程が複雑だし、馴染みも少なくて難しいです
ただ、今日は茶友のおかげで「甜熟」の味が分かった気がします。
これで、青涩な黄茶を買うこともなくなるかもしれません。
ありがとう~!!

訪問、ありがとうございます。ランキングに参加しています。
黄茶の特徴は黄湯黄葉(黄色い茶水、黄色い茶葉)。飲んですぐに甘いです。(回甘ではありません)
これで中国で出来の悪い物を買わなくても済むわって思っていただけたら、ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://teaofjourney.blog.fc2.com/tb.php/117-4bf1734c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。