FC2ブログ
2013
08.27

西双版納の女性と古樹月光白

Category: 白茶
古樹月光白

今日は、午後に天山茶城へ行ってきました。(⇒過去の天山茶城の記事はこちら

目的は、茶盤や茶船の上に茶壷を載せるときに茶壷の下に敷くものを買うため。
お気に入りのお皿を茶船の替わりに使った際にお皿が傷つくのが嫌だったので、以前から買いたいと思ってた物でした。コルクの安~い敷物1枚5元を2枚買い、目的はすぐに終了!!

それで終わるはずもなく、、、

目的もなく、ぐるぐると回ってて、ちょっと気になったお店へ入ってみました。
それは雲南のお茶、雑貨を中心に扱うお店でした。

出迎えてくれた方は、西双版納出身の女性。
大理出身の姐姐(本当の姉妹ではないけど、同じ雲南のお姉ちゃん)のお店を手伝ってるそうで、外見はちょっとイケイケ(死語)っぽいのに人当たりがすごく良い方。

そのお店で飲ませていただいたのが「古樹月光白」。
雲南の白茶で、プーアル茶と同じ原料で作られているそうです。

夜に萎凋してるから、月光白を名付けたそうで、
 産毛がある白い茶葉は「月光」で、
 産毛がない暗い茶葉は「夜の暗闇」とも言えるから、
 ぴったりの名前でしょ
だって。
その味はすごく繊細で「月光白」という名前が本当にぴったりでした♪



このお店には、外から見えた餅茶用籠を買おうと思って入ったのですが、ちょっと値段が高かったので今回は購入を見送りました。にもかかわらず、、、
「もう量が少なくてサンプル分しか残ってないから~♪」
と金芽滇紅と野生滇紅を分けていただいちゃいました!!

なんかすっかりなごんでしまい、気付くと周りのお店はほぼ終了。
帰りにはエレベーターもエスカレータも止まり、階段には鍵がかかってしまって出るまでにかなり右往左往しましたが、良い時間だった!!




訪問、ありがとうございます。ランキングに参加しています。
応援代わりにクリックしただけると嬉しいです
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://teaofjourney.blog.fc2.com/tb.php/129-db918428
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top