FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
04.04

茶勉強。テーマは茉莉花茶(ジャスミン茶)

Category: 茶勉強
今日は清明節です。
これより前に摘まれたお茶は明前、これ以後~穀雨までのお茶は雨前となります。

今日4日より6日まで中国では公休となり、お墓参りをして、お墓を掃除する習慣があります。お盆みたいですね。
上海に住んでる杭州や蘇州など近郊出身の人は帰省をするので、高速道路は大渋滞だとか。
休日前は、帰宅時にクラスメートや先生と「○○快楽!」と声を掛け合っていますが(意味:○○を楽しんで。例:週末快楽、新年快楽、国慶節快楽など)、清明節は祖先をお参りするため「快楽」は不適切だと昨年、教えてもらいました。

中国は旧暦に合わせて公休が定められているため、公休が毎年変わります。旧暦は農歴とも言われています。
(中国語の先生は「旧暦」「陰暦」ではなく、「農歴」を日常的に使ってました。)
日本では二十四節気を意識することが少なかった上、農歴で公休が変わってしまうことに不便を感じますが、農業に携わっている方からすると、その方が合理的なのかもしれませんね。



昨日、午前中は大学で中国語を勉強し、午後はお茶教室に行ってきました。
テーマは茉莉花茶(ジャスミン茶)。
今回、1斤(500g)30元、65元、100元、200元、300元、金賞、茶王と7種類を審評しました。
茉莉花茶 (6)

これは、いただいた中で値段が付けられないという茶王。
その茶葉は神々しいほど産毛が生え、ふっくら。
茉莉花茶 (3)

茉莉花茶 (4)
湯色は輝かしい黄色。味は茉莉花の香りの中に甘い甘い味
実は苦手な茉莉花茶。。。
でも、茶王はその感動的なお味に何度もいただいてしまいました。
(この茶葉はどこにも販売していないので、もう2度と飲む機会なさそうだし)



茉莉花茶 (2)
香り付けに用いる茉莉花茶。

茉莉花茶 (1)
左:白蘭花。
白蘭花は実物を見たことないと思ってたのですが、
道端でジャスミンと一緒に売ってる花だとわかりました。

最後に外形観察だけした茶葉たち。①⇒⑤でだんだん高くなります。
茉莉花茶 (7)


苦手な茉莉花茶をいただいたので昨夜は寝れるか心配だったんですが、そのリラックス効果のおかげか、
ちゃんと寝れました。



訪問、ありがとうございます。ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いいたします

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://teaofjourney.blog.fc2.com/tb.php/15-f2cd6359
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。