--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
04.21

坦洋工夫茶の工場見学~福建(6)~

2日目(2)福建省茶葉研究所の見学からの続きです。



茶葉研究所の後は坦洋工夫紅茶を作っている福建省同泰春茶茶葉有限公司の工場を見学しました。


萎凋槽。

この時間は萎凋していませんでした。

揉捻機。


発酵室。

念願だった発酵室の見学。
(工場2つ、研究所1つ見学したのに発酵室は見れてなかったので、やっと見れました)
火を焚いて、やかんで湯を沸かし、高温多湿を保ってます。
発酵には酸素が消費されるため、定期的に空気を入れ替えをしています。

乾燥機。
 
台湾の坪林茶業博物館で見たガチャガチャするこの乾燥機が実際使われているのを生で見たのは初めてでちょっと興奮してしました(笑)

動画も撮ってしまいました(画質が良くないのですが
[広告] VPS

この乾燥機は多層構造になっていて、まず最上層に茶葉を広げて置きます。そして、ガチャガチャすると最上層に置いた茶葉が一つ下の層に落ち乾燥されます。乾燥機の中では乾燥が進み、乾燥状況は乾燥機の前の扉を開いて確認します。ガチャガチャを繰り返し、一層一層落ちていって最下層まで茶葉が落ちたら終わりです。



この工場では時間がなく審評はなしです。駅へと向かいます。
途中で、車のトラブルが発生(車をとばし過ぎてラジエターの冷却水が過熱したっぽい)し、数回停車したので列車に間に合うか心配でしたが、意外と問題なく福安駅に到着できました

帰りも再び寝台車を利用した動車に3人掛けで6時間乗り、上海に戻りました。



以上で、1泊2日の濃い濃~い、とても充実した茶旅を終えました。

今回は定員に達して締め切ったにも関わらず、急遽お仲間に加えてくださった先生、教室の皆さまに感謝いたします。ありがとうございましたm(__)m





訪問、ありがとうございます。ランキングに参加しています。
面白かったよ、と言う点がありましたら、ワンクリックいただけたら嬉しいです

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://teaofjourney.blog.fc2.com/tb.php/32-f1ebab85
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。