FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
05.09

今日のお茶、嬉野釜炒茶。

Category: 緑茶・日本茶

今日は、今年の2月に嬉野へ行った際に買った嬉野釜炒茶。
開封して数日、まだ冷茶でしか飲んでなかったので、今日は熱いお茶でいただきました。



冷茶を淹れる際、温度を変えて試しましたが(常温約20度、約50度、約70度の3パターン。常温まで冷めたら冷蔵庫へ)、アレ!?と違和感を感じていたので、普通(といっても中国茶式)に淹れて飲みました。
美味しいです

水出し冷茶には蒸青のお煎茶の方が合うように感じます。。。
でも、単に茶葉をケチって少なめにしていたのが良くなかったのかなとも思います。
明日用の冷茶は1g増やして淹れてみました。明日の結果が楽しみです。

近代中国緑茶の製法が嬉野に伝播し作られるようになったらしい嬉野の釜炒茶。
蒸青のお煎茶も好きですが、炒青緑茶に似ているこの味が好きです。
実際は茶農家さんではどのように作ってるんでしょうか。中国茶の製法と似てるんでしょうか。
工場見学をやってるところにも行きましたが、仕入れた荒茶を製茶にする工場だったので、荒茶製造の機械は見れませんでした。。。
(楽しみに行ったのにガックリ。よく確認しなかった私が悪いのですが、、、)

このお茶は嬉野茶商工業協同組合にて買いました。
試飲もできました。

来年はぜひゴールデンウィークに行って新茶を買って、そして今回の話題と全然関係ないですが波佐見町の陶器市に行きたいです!



コップはうすはり。
ガラスが薄くて、器を唇でほとんど感じることがないのが気に入ってます♡
でも、薄過ぎて持つと熱い、そして割りそうで恐い(苦笑)
ストレートなガラスコップがないので買わないと。



訪問、ありがとうございます。ランキングに参加しています。
お茶が飲みたくなったな~と思われたら、ぜひワンクリックお願いいたします

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://teaofjourney.blog.fc2.com/tb.php/43-88f4fcd5
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。