--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
05.11

大学で茶勉強、今回は試飲でした。

Category: 茶勉強
今週火曜日に通ってる大学で中国茶の授業がありました。
中国文化を学ぶクラス内での授業なのですが、前回の授業から少し期間が空きました。実は私の都合がつかず出席できなかったので、先生と受けてたクラスメートに相談して、お茶のテーマは先送りして、今週の開講となりました。

先生が用意してくださったのは、貴州翠芽、普洱茶生茶(古樹喬木散茶)、湖南黒茶、茯茶金花の4種。

貴州翠芽は初めて聞いたお茶で、綺麗な芽の緑茶。


貴州は、
  天无三日晴,地无三丈平,人无三两铜
  (3日の晴れもなく、3尺の平野もなく、人々は三両の銅もない)
と言われる土地だそうで、中国国内でも貧しい場所。
先生は、『天无三日晴,地无三丈平』ということは霧が多く、山がちだからお茶の良い産地なのよ、と。


肝心の貴州翠芽の味はと言うと、、、よくわからず
実は先生が用意したのは電磁調理器に小鍋 小鍋に沸かしたお湯を公道杯に一気に淹れたので、うまく淹れれなかったみたい。先生自身もこの方法は初めてだったみたいで、「うまく淹れれなかったみたい」と苦笑でした

試飲風景。

小鍋は湯を沸かす&茶を煮るために持ってきており、「黒茶は煮て飲むのよ。」「大火快煮(強い火でさっと煮だす)よ」と煮てました。
 


授業の後は、私が持参したお茶をいただきました
持って行ったのは嬉野釜炒茶、うれしの紅茶、鉄観音種の紅茶。(ちょっとめずらしい系で揃えてみた)
鉄観音種の紅茶は先生も面白い~って言って喜んでもらえたので、嬉しかったです


全体的にアバウトさにあふれていて、今回の試飲については・・・・・・な部分もありましたが、授業で何をするかは完全に先生に任されており、好意で成り立っている部分が多いので、仕方ないなと思うし、道具の準備とかは手伝いを申し出れば良かったな~と思いました(反省


今回は他にも、前回の授業で聞いたブレンドする材料(バラ、菊、クコの実、茉莉花茶)は同仁堂で買うのがベストだと聞けたり、 『过午不食养肾气』(お昼過ぎてショウガ摂取はNG)と中医学で言われているから安易にブレンドしちゃダメ。と教えてもらえたり、有意義に過ごせました






訪問、ありがとうございます。ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いいたします

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://teaofjourney.blog.fc2.com/tb.php/45-0d8731e3
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。