--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
05.15

凍頂烏龍。そして"道"と中国人の生活。

Category: 中医の勉強

昨日のお茶は、大学で凍頂烏龍のティーパック。

昨日の午後は大学で中国文化の授業。テーマは、『"道"と中国人の生活』でした。


全然知らない"道"。
"道"は儒教とともに中国人の考え方に影響したらしい?! 茶とも関わりが深いらしい?! 日本の"道"にも通じている?! 不確かなことばかり。ちょっと聞きに行ってみました。

儒家と道家、陰陽、そして、道家と中医。
 
<道家の主な思想>
顺应自然
  自然に順応する。
感应自然
  自然に反応する。
变化是唯一不变的
  変化は唯一の不変である。(全ての事柄は必ず変化する、変化すると言うことだけは唯一不変である)
阴阳辩证
  陰陽を弁証する?? これはうまく訳せない。。。
  (物事には必ず良い点(陽)と悪い点(陰)があり、「絶対」はないと説明を受けました)

これらは日本人にもなじみのある考え方でした。
また、中医の五行、五化、五味、五脏、五腑、五官などの考え方は、飲むお茶の選択、茶外茶や調整茶を淹れる際に役立ちそう!以前から中医も学んでみたいと思っていたその気持ちが強くなりました!




お茶は、夫が台湾出張で泊まったホテルに置いてあったものを持って帰ってくれたもの。
思ってたより美味しい!裏面に淹れ方がちゃんと書いてあるのが素晴らしい。丁寧な印象が台湾だなっと思うのは私だけでしょうか。


携帯コップは、週末行った安吉の工場にていただいたもの。ガラス製で二重になってて、冷めにくく、熱くても持ちやすい。今までのコップはどうしてもステンレスの飲み口が気になってたけど、ガラスの飲み口は味に変化がなくてすごくいいです



訪問、ありがとうございます。ランキングに参加しています。
中国茶に興味が出たら、ぜひワンクリック
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://teaofjourney.blog.fc2.com/tb.php/49-be764efd
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。