FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
06.01

木柵鉄観音の産地、台北の猫空 ~台湾1日目(2)~

前回の坪林の茶業博物館の記事からかなり時間が空いてしまいました
でも、今後も空いた時間で、ぼちぼちのペースで書き進めたいと思います

それでは、坪林からの続きです。
坪林から猫空へは30Kmほど。
本来なら40分ほどで到着する予定でしたが、タクシーのナビが台北の動物園を通る経路を示したようで台北経由になってしまいました 遠回りな上、台北で渋滞につかまり、かなり時間がかかってしまいました 台北では道教(と運転手さんは言ってました)のお祭りをやってました。大渋滞はそのせい。。。


猫空で目的の茶館、邀月茶坊に到着。
本当は早めに到着すれば、木柵鉄観音の茶畑などを眺めれたんでしょうが、すでに夕暮れ。全然見えませんでした

邀月茶坊
http://www.yytea.com.tw/
http://www.taipeinavi.com/miru/97/
この茶館はいろいろなガイドブックにも取り上げられている有名茶館。初めての台湾茶館体験です!!


邀月茶坊の入口の門


茶館でタクシーを呼べることを確認し、今日ずっと一緒だった運転手さんとはここで、さようならしました。
記念撮影に応じてくれた上、当初の予約内容は5時間(2,500TWD)だったのですが、きっちりかかった時間のみを計算してくれ、5時間未満だったので少し安くなりました。台北の運転手の誠実さに感動です。
(上海だったら、きっとそうはならない)


道に面した門からは急な坂を下って行き、お店の入口へ。
fc2blog_201305310050520bb.jpg fc2blog_20130531005223fc8.jpg
左の上に門が写ってます。かなりの急こう配!


念のため、予約をしておいたのですが、平日の夜だったのでお客さんは少なかったです。
お茶はこの店でしか飲めないと言う、邀月雪茶を頼みました。
揺青⇒殺青⇒揉捻のあと乾燥させずに冷凍したお茶です。
ちょっと空腹には強いお茶でしたが、美味しくいただきました。




この茶館は茶葉を選んだら、茶葉代、お水代(時間帯によって異なる)が請求され自分で淹れるセルフ方式。
合理的~!! 台湾式はこのような方式の茶館が多いらしいですね。
fc2blog_20130531005330ba7.jpg
運ばれた茶セット、給水スタンド。


邀月茶坊にはお茶以外に料理もあります。なので、晩御飯でこのお店にて食べました。

メニューと頼んだ夕食。何を頼んだかは忘れました



室内の席、野外の席。野外の席はカップルに人気らしいです


何気に置いてあった製茶の機械。博物館と同じ。殺青機の中を覗いてみたりしました(笑)



台湾、茶旅1日目でしたが、あまりに話が盛り上がり過ぎて、3~4時間ととても長居しました。しゃべりまくり、お茶は淹れまくり。いっぱいあった茶葉は飲み切りました!!


帰りは茶館でタクシーを呼んでもらい、ホテルへ無事に到着しました~

初の台湾1日目、とても順調だったんですが、最後に大きなミスを、、、
せっかく猫空まで来たのには木柵鉄観音を買い忘れたんです
すっごくショック!! 実はここで逃したせいで未だに木柵鉄観音を飲んだことがありません。。。
次回の台湾旅行こそは!!(って次回はいつ行けるんでしょうかね)



これで1日目が終わりです。2日目は鶯歌へ行き茶器を買って、夕方に台北に戻り茶館へ行きます。
また時間ができたら、アップします。

訪問、ありがとうございます。ランキングに参加しています。
台湾茶情報もワンクリックでゲットです
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://teaofjourney.blog.fc2.com/tb.php/64-43fff5af
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。