FC2ブログ
2013
07.09

上海の茶館、唐韻茶坊(唐韵茶坊)

Category: 茶館

月曜日はもともと評茶の授業がある日でしたが、急遽お休みになってしまいました。
なので、茶友と2人で茶館へ行ってきました

上海で初の茶館です!!
ずっと行ってみたいな~と思ってたんですが、出不精で、そのうちに、、、となってました。
急にお休みになったので「いつ行くか!?今でしょ!!」という流行りの言葉が身体の中から出てきて(?)、それに推され、ようやく行ってきました。

行ったのは冒頭の本に掲載されていた唐韻茶坊(唐韵茶坊)。
いつも拝読している中国茶ブログでもこの茶館の記事を見つけて、チェックしていた茶館です。実は地球の歩き方やるるぶにも掲載されている有名な茶館でした。

唐韻茶坊は、地下鉄1号線の衡山路駅4号出入口を出てすぐ。とても分かりやすい場所にあります。
(写真左の奥に見えるのは地下鉄出入口)
 
R1038878.jpg

中はとても広くて、ソファー席、椅子とテーブルの座席、中2階、2階、個室、とあるようです。

お茶をお願いすると、茶葉と茶器セットが出てきます。
私たちは、鉄観音と黄金桂を頼みました(いずれも58元。同じ鉄観音でも上のランクも有りました)。
R1038885.jpg

初回は茶芸師の女性が茶を淹れてくれました。それ以降は自分で淹れます。お湯はもちろん淹れ放題。

茶菓子も取り放題。近くにある皿で好きなだけ取ってきます。茶菓子は果物、ナッツ(アーモンドやヒマワリ、スイカなど)、ドライフルーツなど。中国っぽい茶菓子が中心です。
R1038900.jpg R1038897.jpg

食事もあります。まずは食事から、ということもできます。
私たちは、奥:四川タンタンメン(四川担担面)22元、真ん中:鶏肉とナッツの甘辛炒め(宫爆鸡丁)26元、手前:トマト卵麺(番茄鸡蛋面)20元を頼みました。麺はにゅうめんのような麺。トマト卵味はあっさり味。四川タンタンメンは辛みが少なく、上海人向け?と言った感じです。
極上の味を求める場合は違うレストランで食べた方が良いですが、値段も安いし食べやすいので、お茶を飲む前にちょっと食べたいときにはイイです
R1038892.jpg

食事メニューは撮影したので一部掲載します(拡大できます)
 
 


茶葉の種類はとても豊富ですが、特級などの良い茶葉をいただこうとすると値段が高く感じるかもしれません。そんな場合は、自分で茶葉を持ち込んでもOKです!!お湯代の58元を払えば、希望の茶器を貸してもらえ茶菓子も食べ放題になります



上海の初茶館、とても楽しかったのでまた行きたいと思います~♪

唐韻茶坊(唐韵茶坊)
徐汇区衡山路199号(高安路と乌鲁木齐路の間)、地下鉄1号線の衡山路駅4号出入口を出てすぐ。
021-34060126
http://www.tunrun.com/http://www.dianping.com/shop/501948

追記:フリーでWi-Fiは使えますが、携帯番号を入力して短信(ショートメッセージ)にてパスワードを受け取る必要があります。

訪問、ありがとうございます。ランキングに参加しています。
どこかの茶館に行ってみたいと思われたら、ワンクリックで情報ゲットです
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
関連記事
スポンサーサイト




トラックバックURL
http://teaofjourney.blog.fc2.com/tb.php/94-f8b5d9ac
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top